Blog ブログ ブログイメージ ブログイメージ

2021.11.29学習机にカーペットは必要?メリット・デメリットやサイズなどを紹介

学習机にカーペットは必要?メリット・デメリットやサイズなどを紹介

お子さんが小学校へ入学する際、学習机を購入する方も多いでしょう。その際、カーペットが必要かどうか悩むかもしれません。

 

そこで今回は、学習机におけるカーペットの必要性や敷くメリット・デメリット、サイズといった購入前に確認しておくべきポイントなどを紹介します。

 

最後まで読むことで、カーペット必要性がハッキリして理想的なものを購入できるようになるでしょう。

 

学習机にカーペットは必要?

 

学習机にカーペットは必要なものであり、敷くことでさまざまなメリットが得られます。具体的なメリットは別の項目で触れていますが、学習机と一緒に買うのがおすすめです。

 

学習机にカーペットを敷くメリット

メリットとデメリット画像

 

学習机にカーペットを敷くメリットとしては、床の傷が防げること、物を落とした際の傷を防げることの2つです。それぞれ見ていきましょう。

 

  • 床の傷を防げる

 

カーペットを敷くことで、学習机を使う際に生じる床の傷を防げます。学習机を置くと、その部分だけ床がへこんでしまう恐れがあります。

 

また、椅子を動かす際に床が傷ついてしまう可能性もあるため、これらを防ぐ方法としてカーペットを敷く方法が挙げられるのです。

 

床の傷は賃貸住宅に住んでいる方なら特に注意しておくべきポイントです。床がへこんでいたり傷ついていたりすると、退去する際に修繕費として請求されてしまう恐れがあります。

そのため、床を守る意味でもカーペットを敷くことをおすすめします。

 

  • 物を落とした際の傷を防げる

 

カーペットは床の傷を防ぐだけではなく、物を落とした際の傷も防げます。パソコンやマグカップなどを落としてしまうと、床や落としてしまった物に傷が入ってしまいます。

 

しかし、カーペットが敷いてあると落とした際の衝撃が緩和されて、傷も防げるでしょう。また、物を落とした際に生じる床の傷も防げます。

 

学習机にカーペットを敷くデメリット

 

カーペットを敷くと傷を防げるというメリットがあるため、ぜひ購入しておきたいと思う方がいるかもしれません。しかし、安易に購入すると後悔する恐れがあります。

 

  • 椅子を動かした際にカーペットがめくれてしまう

カーペット画像

椅子を動かす際、カーペットがめくれて邪魔なものとなってしまう恐れがあります。いちいちめくれていたら、イライラして撤去してしまいたくなるかもしれません。

 

特に4本脚の椅子はカーペットに引っかかりやすく、動かす際にめくれてしまうでしょう。

 

  • 掃除がしにくくなってしまう

 

カーペットは見た目としては綺麗ですが、毛足に髪の毛やホコリなどのゴミが絡むと掃除しにくくなります。特にコーヒーや牛乳などシミができるものをこぼしてしまうと、掃除がさらに大変なものとなってしまいます。

 

カーペットは洋服とは違って気軽に洗えるものではありません。その上、カーペットの種類によっては洗濯できないものもあります。そのため、学習机にカーペットを敷く際は汚れに注意しましょう。

 

学習机のカーペットを購入する前にチェックしておくべきポイント

学習机の選び方チェックポイント画像

 

学習机のカーペットはさまざまあるため、どれが良いのか迷うかもしれません。もしそうであるならば、以下で紹介しているポイントを踏まえて理想的なものを探してみましょう。

 

サイズ

サイズ画像

 

学習机のためにカーペットを敷く上では、サイズが大切です。基本的には横が100~110cmで縦が140~150cmのサイズがおすすめです。

 

このサイズは学習机も椅子もカバーできるサイズであり、椅子を出したときにカーペットから出てしまうこともありません。

 

もちろん、学習机のサイズによっては基本的なサイズが合わないという事もあるでしょう。その場合は学習机を測った上で、一回り大きなものを購入しましょう。

 

ギリギリすぎると、上記で述べたように椅子を出したときにカーペットから出てしまう恐れがあります。

 

素材

カーペット画像

カーペットにはナイロンやポリエステル、アクリルなどさまざまな素材があります。その中でも学習机向けのものとしてはウールがおすすめです。その理由は別の項目で紹介しますが、ウールのカーペットを選ぶようにしましょう。

 

毛足

カーペット画像

カーペットは掃除がしにくいものであるため、毛足が短いものを選びましょう。毛足が短いものだとゴミが絡みにくくなり、掃除もしやすくなります。

 

また、毛足は椅子の動かしやすさにも影響を及ぼすものです。毛足が長いと椅子が動かしにくくなります。

 

特にキャスター付きの椅子だと、毛足にひっかかってしまいます。そのような意味でも、毛足が長いものよりも毛足が短いものを選ぶのがおすすめです。

 

デザイン

カーペット素材画像

カーペットの機能性だけではなく、デザインもチェックしておくべきポイントです。

 

部屋の雰囲気とカーペットのデザインが合っていなければ、違和感のある部屋となってしまいます。そのような部屋では、居心地が悪いと思って勉強が進まないかもしれません。

 

そのため、部屋の雰囲気に合うデザインのものを選びましょう。子ども部屋に置くのであれば、子どもに選ばせるのもおすすめです。

自分で選んだデザインだからこそ、気に入ってもらいやすくなります。

 

価格

価格画像

理想的なものを探す際には、価格もチェックしておきましょう。カーペットはリーズナブルなものから高級なものまでさまざまあります。そのため、予算に見合ったカーペットを選ぶのがおすすめです。

 

学習机のカーペットのサイズを図る際に気をつけておきたいこと

気をつけておきたいこと・調べる画像

 

学習机のカーペットを購入する際にはサイズが重要ですが、なんとなくで測るのはおすすめできません。正しく測って問題のないカーペットを敷くためにも、以下のポイントを覚えておきましょう。

 

勘ではなくきちんとメジャーで採寸する

メジャー画像

勘で測るのは失敗のもとであり、予想以上にサイズが足りなくて学習机が使いにくくなるかもしれません。そのため、メジャーで採寸しましょう。正しくサイズを測ることで、どのくらいのカーペットが良いのか把握できます。

 

この際、「机の幅×机の奥行+80cm」ということを覚えておくのがおすすめです。そもそも学習机の下にカーペットを敷くのは床を守るためです。

 

そのため、ある程度余裕を持ったサイズにすることで学習机の下にある床を守りやすくなります。

 

柱のでっぱりに注意する

もし柱のでっぱりがあるのであれば、注意しておくべきポイントです。でっぱりのせいで隅までカーペットを敷けない恐れがあります。

 

でっぱりへの対処法としては、その形に合わせてカーペットを切ったり端を覆わないサイズのカーペットを買ったりする方法が挙げられます。

 

もしカットするのであれば、カット可能なものを選びましょう。それ以外のカーペットは、カットするとほつれてしまう恐れがあります。

 

あらかじめ敷いた際のイメージを想像してみる

部屋のイメージ画像

購入前にカーペットを敷いた際にどのようなものになるのか考えてみることで、部屋がどう変わるのか把握しやすくなります。特に学習机を置く場所も決めていない段階ならば、カーペットとセットで考えることで、どの場所が1番しっくりくるかわかるでしょう。

 

カーペットに関しては、模造紙や新聞紙を用いてサイズに合わせて敷いてみることでイメージしやすくなります。

 

上記で述べたように横が100~110cmで縦が140~150cmのカーペットがおすすめであるため、そのサイズに合わせて模造紙や新聞紙を敷いてみましょう。

 

新聞紙画像 

学習机のカーペットはウールがおすすめ!その理由とは?

 

カーペットにはさまざまな種類がありますが、その中でもウールがおすすめです。その理由は以下の通りです。

 

【理由1.】静電気が起きにくく汚れにくい

 

天然素材のウールは静電気が起きにくいおかげでゴミがひっつきにくく、掃除がしやすいという特長があります。

 

掃除機をかけるだけでゴミが取れるため、掃除のしやすさを考えているのであれば、ウールがおすすめです。

 

その上、汚れにくいという魅力もあります。繊維の表面に天然のコーティングのようなものがあるため、汚れが染み込みにくいのです。

 

そのおかげで汚れも落としやすく、飲み物をこぼしてもティッシュと水吹きで綺麗にできる場合がほとんどです。

 

【理由2.】一年中使える

メリット画像

 

ウールは一年中快適に使うことができ、暑い夏も寒い冬も問題ありません。これは調湿性を持つウールならではの魅力であり、ジメジメする梅雨の季節もサラッとした肌触りです。

 

一方で冬は底冷えを防いでくれるため、足元が冷えて勉強に集中できないといったことを防げます。

 

【理由3.】耐久性に優れている

ウールは耐久性を持っており、すぐにヘタれることはありません。もちろん、ウールの質によって具体的な耐久年数が異なりますが、クッション性を持っている影響で家具の跡も戻りやすく、そのような意味でも耐久性に優れています。

 

【理由4.】自然素材

自然の画像

ウールは自然の素材であり、昔から使われてきました。そのため、環境にも優しいという特徴があります。

また、上記で触れた調湿性もウールがタンパク質でできているがゆえのものであり、ダニが好む湿度にならないことからダニ対策としても活用できます。

 

ウールカーペットにはデメリットもアリ

ウールにはさまざまなメリットがありますが、デメリットもあります。その1つが無駄な毛が出やすいことです。どうしても最初は無駄な毛が出てしまうため、掃除が大変と思うでしょう。

 

ただし、ハウスダストを吸着した無駄な毛を掃除機で吸うことによって清潔な状態に保てる一面もあります。

 

学習机を購入する際はカーペットの検討も忘れずに

メリット画像

 

学習机の下にカーペットを敷くのは、床を傷つけないためにも必要です。

 

ただし、カーペットにはさまざまな種類があるため、サイズやデザイン、価格などをチェックして選ぶようにしましょう。

そうすることで、違和感のないカーペットを敷くことができます。

 

2022年1月29日(土)~2月6日(日)にお得な限定イベント開催決定!(2月3日は定休日です)
<<詳細はこちらをクリック !!

 

 

 

学習机|関連記事はこちらをクリック!

 

<<【2021年】学習机の選び方|コイズミとカリモクおすすめ6選を徹底比較

 

<<学習机のワゴンはいらないし邪魔?必要性も紹介|スリムワゴンおすすめも!

 

<<学習机にカーペットは必要?メリット・デメリットやサイズなどを紹介

 

<<学習机は高校生になったら買い替えどき!おしゃれで長く使える机も

 

<<学習机を選ぶおすすめポイント中学生編|長く使える机の選び方を検証!

 

<<学習机を大人になっても使っているのはおかしい?リメイクでおしゃれにしよう!

【ブログの他にもSNSしています!!】

お得な情報を逃さないようフォロー・お友達登録をお願い致します!

【アイコンをクリックして友達追加】

【アイコンをクリックして友達追加】

【アイコンをクリックして友達追加】

【アイコンをクリックして友達追加】

feature
壁面収納
special contents
ペルシャ絨毯
中国段通
ページトップへ